私の小さな贅沢と大きな贅沢

主婦になり子供が小さいうちは手がかかることもあり、なかなか自分の時間が確保出来ません。

また生活にそれほどまでの余裕もありませんので、大きな贅沢はなかなかできませんが、小さな贅沢は日々させてもらっています。

今までは借金の返済とかで本当にギリギリの生活をしていました。

車のローンが支払えない(http://www.carloanharaenai.com/)ってときもありましたから・・・

会話をする人と言えば家族や買い物に出掛けた先の店員さんくらいのものという日も少なくありませんでした。

独身の友人とも過ごし方が全く違うので会う機会もほとんどなくなってしまいました。それが子供が幼稚園に通うようになり、ほんの少しだけ時間が出来ます。

小学校にいってしまえば更に自由な時間が増え、それまでの生活がまるで嘘のようになります。そんな私が昔から小さな贅沢として思っていることは自分で美味しいコーヒーを淹れて飲むことです。

ほんのわずかな時間で淹れることが出来るので、少し高価な豆を買って飲み比べなんてこともしていました。家族にもコーヒーを淹れてあげて感想を聞くことも多かったのですが、良い言葉を貰ったときはそれだけで嬉しかったし楽しみの1つでもあり小さな贅沢としていました。

そして大きな贅沢になるのですが、美味しいレストランで食事をすることです。子供が居たら絶対に行けないようなお店を予約してフルコースのディナーを頂きます。お料理と一緒に美味しいワインを頂くのはとにかく幸せでもあり大きな贅沢になります。

小さな贅沢と大きな贅沢はどちらとも気持ちが豊かになります。でも何が違うのか?というと毎日出来ることとそうでないことです。

小さな贅沢は毎日のことになっていますが、大きな贅沢で頻繁にディナーに出掛けてたら家計を圧迫してしまいますからね。大きな贅沢のために日々節約をしたり、お金の使い道を考えるのも最近の私には特に苦ではなくなりました。次回はどんなお店にディナーに出掛けようかと雑誌やインターネットで調べているところです。

慢性の腰痛持ちです。

高校生からずっと現在にいたるまでの腰痛持ちなので、腰痛を治したいです。少し疲れてくると起きあがっていても横たわっていても腰が痛みしんどいです。

疲労が全部腰にいく気がします。サロンパスのようなものを貼ったりバンテリンを縫ったりしていますがそれでも解消できません。温めても冷やしても同様です。

慢性なのでよっぽど痛い時以外は意識しなくなっていますが、それでもマッサージや整体に行った日は腰が痛くないというのはこんなに楽なことなのかと仰向けに真っ直ぐ横になれることを心からありがたく思います。

整体師の方いわく、骨盤が歪んでいるのが腰痛の一番の原因みたいです。
骨盤の歪みを治すのが一番の治療法と言っていました。

もちろんそんな簡単には治りませんが。

腰痛には荷物を背負っての登山がきくという話を聞いたことがありますが、そもそもの腰痛持ちになった理由が山の上にある学校に毎日通っているうちにだんだん腰をいためていったので、期待できそうにありません。

もちろん学校へ行っていたのでリュックに教科書や参考書など重い荷物を入れて背負っていました。マッサージや整体も効くにはききますが一過性のためしばらくすると再発してしまうのが難点です。

腰が痛むのであまり運動をすることもできないため、他の体調不良の原因にもなっている気がします。とくに体重のコントロールのために体を動かしたいのですが、ウォーキングも腰に負担がかかるためあまり長くできません。

三十分も歩けば限界なので本当に困っています。少し休めばまた歩き出せますが、そんなに頻繁に歩いたり休んだりをしていると根気が続かずそして時間がかなりかかってしまうため会社も遠距離なこともあり毎日続けるということができないでいます。

体重が三キロ減ればかなり腰に違うと思うのですが、食事制限だけでは現在より三キロ減はなかなか難しい現状なので本当に困っています。